×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メイク落としの選び方や方法と注意点

メイク落としの仕方

スポンサード リンク

上手なメイク落としの方法を覚えましょう。

メーキャップ用化粧品は油性のものが多いので、水だけでは洗い流すことはできません。

そのためクレンジングでのメイク落としが大事になります。

ポイントメイクのメイク落としをすることが、メイク落としの手順の基本です。

目元や唇などに施したポイントメイクを最初に落とします。

メイクアップリムーバーなどをコットンにつけ、常にコットンの清潔な面を押し当てるよう注意しながら、丁寧にポイントメイクのメイク落としを行っていきます。

口紅やアイメイクが落ちたことを確認したら、次は顔全体です。

クレンジング剤をてのひらに出し、両手で温めてから使いましょう。

手のひらのクレンジング剤を顎、頬、額に少しずつつけてから、中指と薬指の腹で円弧を描くように顔じゅうに伸ばします。

顔全体に馴染んだら、ティッシュを顔の上に乗せ、上から押さえてやさしくクレンジング剤を拭き取るようにメイクを落とします。

眉や小鼻のまわりはクレンジング剤が残りやすいので、特に注意します。

洗い流すタイプのクレンジングでもメイクの落とし方は同じです。拭き取りができたら、ぬるま湯で流します。

少しぬるいと感じる程度の湯を用意し、すすぎ残しに気をつけ顔をこすらないようにしながら流していきます。

もし拭き取りタイプのクレンジング剤を使っているなら、濡れコットンなどで拭き取ります。

日常的に行わなければならないメイク落としですので、適正な方法でのスキンケアができるようになりましょう。

メイク落としの注意点

10年先、20年先のお肌を考えるならば、正しくないメイク落としでは肌への負担がどんどん溜まっていきます。

肌にかかる負担をできるだけ小さく押さえるためには、クレンジングのメイク落としは円弧を描くように指を動かします。

肌トラブルを回避するには、メイク落としで化粧を隅々まで落とすことと、指で強くこすっては肌に負荷をかけないことです。

また、メイク落とし時にマッサージをしているという方はイエローカードです。

メイクを落とす際に、習慣的にマッサージをして顔の皮膚の血行促進などをしている方がいます。

肌に残しておきたい脂質を、長時間クレンジング剤が顔についていることで除去されてしまい、カサカサ肌になることがあるのです。

マッサージ用クリームでのマッサージが理想的です。

少しぬるいと感じるくらいの摂氏33度のぬるま湯が、洗顔に用いる時に適している湯温だといいます。

人の顔の表面温度が33度前後であるため、皮脂が自然と顔の表面に浮き出て、より肌に負担無く洗顔出来るからです。

クレンジング剤では、ジェルかクリーム状のものなら肌への負荷が全くないという、性格ではない知識が出回っているようです。

界面活性剤が入っている以上、どんなクレンジング剤でメイク落としをする場合でも丁寧に焦らずにメイク落としに取り組むべきだといえます。

自分の肌質にあったメイク落としを選んで、正しい方法でメイク落としをしましょう。

メイク落としの選び方

スポンサード リンク

肌に優しいメイク落としをするため、正しい方法を知りましょう。

どんなクレンジング剤でメイク落としを行うかは、一番最初に着目したいポイントといえます。

伸びが良いメイク落としも重要なポイントです。

すすぎですぐに落ちる事、お肌を傷めず洗顔後もしっくりくる事もメイク落としを選ぶ際には気をつけたいポイントです。

よくメイク落としと洗顔が一緒になった商品がありますが、メイクが上手に落ちずに二度洗いが必要になるケースもあるようです。

汚れが肌に残る事で肌トラブルになる可能性があるので注意しましょう。

いくらくらいのメイク落としを購入するかも悩みどころです。

しかし、メーカーによっては広告費やパッケージ代金が商品に乗せられている為、高い価格のものが良いとは限りません。

自分のメイク方法によっても最適なメイク落としの種類も異なります。

メイクをする際に一番気をつけているポイントは何でしょうか。

使い勝手のいいメイク落とし道具かどうか、最終的な決め手はトライアルグッズや試供品を実際に使って判断をすることです。

相性のいいメイク落とし用品と巡り会うことができればそれだけで肌トラブルのリスクはぐっと減りますので、地道に確かめてみることが大事です。

スポンサード リンク