×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

体脂肪の燃焼と基礎代謝の関係

体脂肪燃焼と基礎代謝

スポンサード リンク

体脂肪を燃焼させるには、基礎代謝を上げることが必要です。

消費されるエネルギーの中で、基礎代謝とは意識的に運動をしていない状態で過ごしている時に消費されるものです。

人によって基礎代謝は違うもので、女性より男性の方が一般的に高いというデータがあります。

基礎代謝が男性の方が高い理由は、筋肉量の違いです。

筋肉が、脂肪に比べて多ければ多いほど基礎代謝量は増えるものなので、筋肉が多いと体脂肪を燃焼しやすくなるといえます。

基礎代謝が低下することと、年を重ねるごとに太りやすくなることは、深い関係があります。

体脂肪が燃焼されにくい状態になりやすいのは、基礎代謝量が低くなっているにも関わらず今までと同じ生活を続けていることが原因です。

体脂肪が燃焼されなければ脂肪が体内に蓄積されて肥満の原因となります。

基礎代謝を高めて体脂肪の燃焼を促進させることが大切なのです。

基礎代謝を上げる有効な方法は基礎体温を上げることです。

とくに冷え性の方は注意していただきたいのですが、食事制限で栄養が不足しがちになったり、冷たいものを好んだりすると、体温が低くなってしまうこともありえます。

時間が無いからとシャワーだけで済ませたり、オシャレの為に薄着で我慢したりするのもあまりお勧めできません。

まずは毎日の生活習慣を見直すところから始めることが、身体に負担を掛けるダイエットをするよりも、体脂肪を効率よく燃焼させるポイントだといえるでしょう。

体脂肪を燃焼させる有酸素運動

有酸素運動をすることは、体脂肪を燃焼させる為の運動の中でも効果的なものです。

有酸素運動とは、軽いジョギングやスイミングのように酸素を十分に取り入れて行う運動のことを指します。

効果的に体脂肪を燃焼させるためには、酸素を深い呼吸で身体に循環させなければなりませんので、急激なハードスポーツは向いていません。

無理な運動は、筋肉痛や肉離れ、場合によっては体調を崩してしまう恐れもありますので注意が必要です。

無理な運動は、いくら体脂肪を燃焼させたいからといって避けるべきです。

そうはいってもわざわざ外に行くのも抵抗がある、または面倒くさいという方は、ストレッチで体脂肪を燃焼させるという方法を実践してみると良いでしょう。

有酸素運動とは、そもそも一日30分程度を目安に毎日無理せず継続することが基本です。

今は流行りのヨガやエアロビクスなどでも体脂肪を燃焼させることができます。

楽しく有酸素運動を続けることが、体脂肪を上手く燃焼させるコツだといえます。

単なる階段の上り下りやウォーキングでは飽きてしまって続かないという場合おすすめなのは、ダンスやハイキングなどで趣味の幅も広げることです。

成人病の予防も、体脂肪を燃焼させることでできますので、その効果はダイエットだけにはとどまりません。

まずは自宅でのんびりするばかりの生活を改善し、普段は運動を敬遠しがちな人も運動に挑戦してメリハリのある毎日を送ってみましょう。

体脂肪を燃焼させるサプリメント

スポンサード リンク

アミノ酸が配合されているサプリメントは、体脂肪を燃焼させる効果を期待できるサプリメントだといえます。

このアミノ酸の役割は、筋肉量を増加させる役割があるもので、効果的に基礎代謝をアップさせてくれます。

特に体脂肪を燃焼させるのに優れているのが、アミノ酸のダイエットサプリメントは特徴だといえるでしょう。

体内の細胞を活性化し筋肉が付きやすくなり、体脂肪をより燃焼しやすくしてくれるのが、アミノ酸のサプリメントです。

空腹時に摂取し、数十分の間を置いてから有酸素運動を実践すると効率よく体脂肪が燃焼しますので、これが最も効果的な利用方法だといえるでしょう。

短い時間の有酸素運動でも、筋肉へと変わりやすくなるのは、通常よりも体脂肪が燃焼しやすくなっているからです。

他の使い方としては、体脂肪燃焼サプリメントは運動後に摂取するというのもあります。

脂肪が筋肉に、有酸素運動後30分間は変わりやすくなっている傾向があります。

グルタミンなどの体脂肪燃焼サプリメントを補給すれば、上手く筋力アップに繋がります。

栄養素の中で、体脂肪燃焼に役立つものを食品から補おうとすると、高カロリーになってしまうことが多いようです。

ですから理想的なのは、サプリメントで摂取することなのです。あくまでも体脂肪燃焼サプリメントは補助食品のひとつです。

体脂肪を燃焼させる為には基礎代謝を上げたり有酸素運動に励んだりといった努力が必要になります。