×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

多汗症の原因と治療・手術の徹底研究

スポンサード リンク

多汗症の原因

普通は汗をかかないような状態でも大量に汗をかく多汗症は、どうして発症するのでしょう。

体温調整や老廃物の排出のために人体には汗を分泌するための汗腺がありますが、この汗腺のエクリン汗腺が多汗症の直接的な理由となっています。

哺乳類の皮膚にはエクリン汗腺があり、このエクリン汗腺がなければ汗は出ません。

人の体は、皮膚表面からの温度を下げたい時は汗をかくようにできていて、汗が蒸発し皮膚の温度が下がる作用で体温調整をしています。

エクリン汗腺の特長は、精神的な理由からも汗を分泌するという点です。

汗の分泌量が多くて悩みの種になって、多汗症の手術を受ける人が多いようです。

普通は汗を少量しかかかないような時でもたっぷり発汗する症状が、多汗症の症状です。

程度が重い場合は、どんな時でも汗をかきやすく、常時発汗しているような症状が出ます。

多汗症の手術を受ける人は、汗がでることそのものは体調不良ではないものの意思に反して起きるために不都合もあり、緩和を希望しています。

エクリン汗腺がどれだけ体に存在するかは、親から受け継がれた遺伝形質によります。

感染する病気や、生活習慣等で変化する組織でもありません。

多汗症の手術は、原因であるエクリン汗腺を除去してくれるので、多汗症の悩みをすぐに解決してくれます。

多汗症の手術は医療機関で

スポンサード リンク

大量の汗を出にくくするために受ける多汗症手術ですが、目につくような痕ができてしまったり、効果が不満足なこともあります。

なぜ、手術を受けても多汗症がそのままということがあるのでしょう。

最も考えられる要因としては、執刀医の技術不足などで発汗の原因となるエクリン汗腺が残っており、汗が分泌され続けるということです。

また、経験的に不安がある執刀医が施術をすることで手術痕が残るという場合があります。

多汗症手術についての説明が不十分な医療機関もあるので事前に確認するようにしましょう。

どの医療施設で多汗症手術を受けるかは、よく検討しなければなりません。

どういった方法で行われる手術で、どのようなリスクが考えられるかなど、多汗症手術の前に担当者から説明を聞いておきましょう。

多汗症手術の他にもボトックス注射治療という方法があります。

発汗をセーブするために、汗を分泌するエクリン汗腺の働きをボトックスという薬品で弱めるものがボトックス注射で、ボトックスはボツリヌス菌から作られます。

たんぱく質の一形態であるボトックスは、交感神経に作用し働きを弱くします。

そのため、エクリン汗腺の活動を抑制し汗の分泌を抑える事が出来るようです。

エクリン汗腺の除去手術より手軽で時間もかからないため、手術痕が気になる人やメスを使った手術に抵抗感がある人には向いています。

多汗症手術後の注意点

多汗症手術を受けた後で、気をつけるべき点は何でしょう。

施術を受けた部位を濡らさなければ、その日じゅうのシャワーや入浴はできます。

わきの手術をしたなら入浴は半身浴に留めましょう。

施術部位が濡れなければ、洗髪も可能です。

飲酒は細菌感染や出血を起こしやすくなるので1週間控えたいところです。

多汗症の手術による傷が完治する迄は1ヶ月前後かかります。

運動については、特に制限はありませんが、ボクシングや野球などの腕を激しく使うスポーツはしないように注意しましょう。

手術後の抜糸は1ヶ月程度で体内に吸収され、外に出ている糸は自然に取れるので通院の必要は無いようです。

多汗症手術は皮膚科のほか形成外科や美容外科等でも受ける事が出来ます。

医療機関によっては、はっきりと改善がわかるまで生涯保障制度がある場合もありますので、あらかじめ確認するといいでしょう。

納得のいく多汗症手術を受けるためには、多汗症とはどういうもので多汗症手術は何かをするかを踏まえた上で病院を探したいものです。

わからない点があったら、遠慮せずに手術をする病院に問い合わせましょう。

多汗症の症状や手術の方法についてある程度の知識を得た上で、どういった病院なら安心できるかを見極めることが大事です。